今では大半の企業が広告にグラフィックデザインを利用しています。
文章よりも情報が伝わりやすく、広告にはなくてはならないものです。
商品プロモーションのためのポスターやチラシ、会社案内や店舗紹介のパンフレット、名刺など、その種類もとても幅広いものになっています。
こちらではそんなグラフィックデザインについて紹介します。

グラフィックデザインとは

グラフィックデザインとは

グラフィックデザインとは文字や画像、色などを使って、情報やメッセージを伝えることを目的としたデザインのことをいいます。
このグラフィックデザインという言葉は、第2次世界大戦後に商業美術や商業デザインと代わって呼ばれるようになりました。
あくまで平面の上で使われるデザインをグラフィックデザインと呼んでいましたが、今ではあらゆるメディアの拡大によってWebサイトのデザインや映像の中でも利用されるようになっています。
自宅のパソコンで手軽に仕事ができるので、グラフィックデザイナーとして活動している方も増えてきています。


グラフィックデザインとビジュアルデザインの違い

ビジュアルデザインとは絵や写真、コンピュータグラフィックスなど、視覚的な表現で伝えることを目的としたデザインのことです。
生活している空間で視覚に働きかける全てのデザインはビジュアルデザインといえます。
グラフィックデザインはビジュアルデザインの中の一つとなっており、様々な場面で活躍しています。

弊社は仙台にて事業戦略や店舗設計、グラフィックデザインなど、法人の営業に対するトータルプロデュースを行っています。
あらゆるコンテンツを使って手助けをすることができるので、これからの営業の強い味方になるはずです。
さらなる販売促進のためにぜひ弊社をご利用ください。

事業内容についてのお問い合わせ、ご相談
TEL 022-398-8920
FAX 022-398-8921
メールはこちらから
(弊社HPのフォームをご利用下さい)
ページトップへ