企業が長い間経営を続けていくためには経営戦略が必要です。
経営戦略にて基本的な方向付けを示すことで、目標に向かって明確に進んでいくことができます。この経営戦略はさらに事業戦略と機能戦略に分けられます。
こちらでは事業戦略について基本的な知識を紹介します。

事業戦略とは

事業戦略について

事業戦略は事業単位での戦略のことで、市場の中で優位を保つために行います。
事業戦略を考える場合は全社の戦略を前提として立案する必要があります。
戦略を立案する前に現状を分析することもとても重要なことになります。




現状分析について

現状分析をする際はSWOT分析を中心に進めていきます。
強み(S=Strengths)、弱み(W=Weaknesses)、機会(O=Opportunities)、脅威(T=Threats)をまとめていくことで、事業戦略の指針を固めていきます。
この現状分析を行う前に事業の概観について3Cで分析するとスムーズにいくのでおすすめです。
3Cとは「Customer」「Competitor」「Company」を指し、この3つを具体的にまとめると良いです。

事業戦略の内容

事業戦略を具体的に定めていきたい場合は、以下の内容を中心に決めていくと良いでしょう。
●事業領域の設定と方向付け
どの市場・顧客を対象にして、どのような商品・サービスを提供していくのかという「事業領域の設定」が基本的な内容となります。
ここで事業としての方向付けが定まらなければ戦略としても不十分なので、ユニットの設定などがポイントとなってきます。
●市場・顧客戦略、商品・サービス戦略の設定
顧客の満足と市場での優位を実現するために、「市場・顧客戦略」「商品・サービス戦略」の2つをユニットごとに設定します。

弊社では事業戦略の設定や費用の計画、店舗設計、グラフィックデザインなどあらゆる面で企業のサポートを行っています。
Webサイト制作やイベントの企画なども行っています。
事業戦略の一つとして広告を依頼したいという方はぜひご相談ください。

事業内容についてのお問い合わせ、ご相談
TEL 022-398-8920
FAX 022-398-8921
メールはこちらから
(弊社HPのフォームをご利用下さい)
ページトップへ